お金ネタ

格安SIMはどこがいいのか? 2016比較して見る!!


Sponsored Link

今では携帯電話・スマホのない生活はありえません。
でもなかなかバカにならないのが月々の料金です。
そんな携帯料金を安くする効果的な選択肢の一つに
格安SIMという方法があるのです。

今さらですがSIMのおさらいを少し、
SIM はsubscriber identity moduleの略で
携帯電話やスマホなどの情報端末に差し込む
契約者情報を記録したICカードのことです。

Docomo、au、SoftBankなどの大手に比べると
格段に安い料金で利用できるので
1/3とか1/4の料金で済むのです。
賢く上手に使えば大変、お得になります。

家電量販店などの携帯コーナーにも
SIMがズラリと並んでいますよね。
種類が沢山あるので選ぶのに困るほどです。
そこでおススメの格安SIMを見ていきましょう。

おすすめはどこの格安SIMか?

格安SIMを大まかに分けると
「データ通信専用」「データ通信+SMS」
「データ通信+SMS+音声通話」の3種類です。

信頼性や顧客満足度など見ながら絞ると
Bic、UQ、mineo、BIGLOBE、イオン、
OCN、楽天、IIJmio、FREETELL、
Yモバイル、DMM、nifmoの12社になります。

料金プランには大きな違いもなくなっているので、
データ量が多い少ない、通信速度の安定性などが
おススメSIMの決め手になります。

まず、データ量が少なくても良いという
ライトユーザー向け格安SIMは
Yモバイル、DMM、OCNの3社になります。

Yモバイルは機種、通話、通信こみで1,980円
DMMは機種、通話、通信こみで2,149円、
OCNは通話、通信こみで1,728円ですが
携帯端末、スマホは別途購入になります。

LTEを10MB以上使うという
ヘビーユーザー向けの格安SIMは
DMM、楽天、OCNの3社がおススメです。
3社とも別に端末料金が必要になります。



DMMは通話、通信10MBで3,121円
楽天は通話、通信10MBで3,196円
OCNは通話、通信10MBで3,240円ですが
初めの2ヶ月は2,438円になります。

気になる通信速度で比べてみると
1位はUQとYモバイルが同着、
3位mineo、4位楽天、5位DMMの順でした。
UQとYモバイルはmineoより3倍も速い。

どう運用させると月々を抑えられる?

データ通信を重視するか、通話を重視するかで
上手な運用の仕方は違ってきます。
データ通信重視なら「繰り越し」「低速低料金」
通話重視ならば「2台もち」がポイントになります。

翌月へのデータ繰り越しサービスがあるのは、
mineo、OCN、楽天などになります。
低速ですが299円と低料金なのがFREETELです。

2台もちにもいくつかのパターンがあります。
スマホと携帯、モバイルルータとスマホ、
タブレットと携帯などがあります。

例えばドコモカケホーダイの2,200円と
3GBの格安SIMの900円をあわせれば
月額3,100円(税込3,348円)に抑えられます。

1回の通話時間が5分以内という人は
楽天でんわ、FREETELL(フリーテル)の利用で
通話料金をゼロに抑えられます。
FREETELLには1分以内のプランもあります。

楽天の新端末限定、コミコミプランなら
1年目は月額1,880円(税込2,030円)になるので
月々の料金をかなり抑えることができます。

おすすめのSIMフリー機種は?

SIMフリーの機種もラインナップが豊富で
かなり高性能なものもあらわれています。
そこで1万円台、2万円台、3万円台と
3グレードで見ていきます。

まず、1万円台からGeanee 、Acer、
HUAWEI(ファーウェイ)から1つずつ
3機種をご紹介していきます。

 

 

まず、Geanee GM-01A は最安値なら1万円以下
Android 5.1で4.5インチディスプレイ搭載、
LETにも対応している優れものです。

Acer Liquid Z330 も4.5インチディスプレイの
Androidスマホで、楽天モバイルからの購入
一括で12,960円、月々分割なら540円です。

3つめはHUAWEI Y6で11,000~14,000円
DMMとU-mobileでのセット購入なので
端末料金は一括払いとなります。
キャッシュバック対象のプランもあります。

次に2万円台を見ていきます。
ASUS ZenFone Goはほぼ2万円になります。
1万円台の3機種と違ってハイスペック、
ディスプレイも5.5インチで大満足のスマホです。

ASUS ZenFone 2 Laserもほぼ2万円
5インチディスプレイ、カメラ1300万画素
レーザーオートフォーカスとスペックの高さで
高い人気を誇っています。

ASUS ZenFone Maxは大容量のバッテリーが特徴、
最大連続待ち受けは38日と驚きのスタミナです。
中心価格帯は27,000円になります。

4つめはHTCから Desire 626
価格は22,000円が中心価格帯です。
5インチディスプレイ、カメラ1300万画素は
ZenFone 2 Laserと同じく高性能です。

5つめは国産の富士通からarrows M02
中心価格帯は27,000円になります。
マルチキャリア対応なので超人気です。
おサイフケータイ・防水防塵などさすが国産です。

そして3万円台からは1機種です。
HUAWEI GR5は31,500円になります。
ディスプレイ5.5インチに大容量バッテリー
IIJmio(アイアイジェイミオ)とDMMから購入できます。

WIMAXとの比較検証

自宅や職場などの決まった場所 以外でも
インターネットを利用する機会が増えています。
そのためWi-Fi、WIMAX、格安SIMカードなどに
熱い視線が注がれています。

Wi-Fiは世界的にも人気のある手段ですが、
整備するのは施設を管理する業者や自治体で
セキュリティーの問題もあるので今回はパス。

そこでWIMAXと格安SIMカードを比較検証します。
それぞれにメリットとデメリットがあるので
簡単には決められないというのが答えです。

まず、WIMAXと格安SIMカードのどちらにも
共通して言えるのは、「自宅や職場だけでなく
いろんな場所でインターネットを使いたい」
という人向けのサービスだということです。

WIMAXと格安SIMに大きな違いがあらわれるのは、
「通信エリア」「データのコスト」「速度」の
3つについて見ていったときです。

通信エリアについては格安SIMが優位です。
データコスト、速度についてはWIMAXに軍配が
そのため住んでいる地域が都市部ならWIMAX、
地方なら格安SIMとの考え方もありです。

また、切り口をかえて見ていくと
「通信速度」「ネットで使用する端末の種類」
「月々の料金」についてどう考えているのか
で選択肢が違ってきます。

「安定した通信速度がほしい」「データ利用量の制限は
困る」「携帯・スマホ以外にPCやタブレットも使う」
という人にはWIMAXの使用をおススメします。

「とにかく色んなところでネットを使いたい」
「あまりデータ通信をしない」「速度よりも
料金にこだわる」という人におススメなのは
格安SIMカードになります。

まとめ

携帯やスマホを賢く上手に使ううえで
かなり魅力的な選択肢でもある
格安SIMカードについて見てきました。

日頃の携帯やスマホとの付き合い方や、
インターネットなどの利用状況によって
格安SIMカードに向くのか、向かないのか
という違いがでてきます。

あなたの快適なスマホライフおために
少しでも、参考になれば幸いです!

デュアルSIMスマホで超節約術の全手法を大公開!!今の通信料50%カット出来ます!

 

 


Sponsored Link

ピックアップ記事

  1. 【水曜日のカンパネラ】歌詞の中に採血って相当ぶっ飛んどる!
  2. ポケモンGOでの事故は誰の責任?!任天堂?自己責任でしょ!!
  3. 地震防災対策特別措置法って一体なに?地震について調べてみた!
  4. 【画像有】斉藤孝信アナと早川美奈アナが路上不倫!フライデー砲発射!!!
  5. 自己破産後のクレジットカードは審査はどうなる?スマホは?

関連記事

  1. お金ネタ

    MNPキャッシュバック廃止!!裏で動く大手3社とMVMOについて!

    MVMOっていったい何??こんにちは、とうとう2月になりました。こ…

  2. お金ネタ

    デビットカード攻略ガイド!徹底的に比較検証してみた

    デビットカードって一体なに??そもそもデビットカードとは一体何でし…

  3. お金ネタ

    デュアルSIMスマホで超節約術の全手法を大公開!!今の通信料50%カット出来ます!

    はじめに・・・どうも!JUNICHIです。前回の通信費節約の話の続…

  4. お金ネタ

    この金銭感覚には我慢できない!!離婚原因上位問題を考える!

    毎日の生活の中でいろいろな人と接していると、金銭感覚の違いを感…

  5. お金ネタ

    格安スマホで超悩む!!どれがいいのか考察してみた!!!

    高け~!家庭の通信費ちわ!JUNICHIです。一発目のブロ…

  6. お金ネタ

    主婦の方向けクレジットカード!審査が甘いには気を付けて!!

    クレジットカードライフ時代クレジットカードが無いと不便ですよね!ネ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

  1. SNSネタ

    Twitter検索は要注意!その仕組みと相手にバレるのか検証してみた!
  2. NEWS

    ポケモンGOでの事故は誰の責任?!任天堂?自己責任でしょ!!
  3. NEWS

    貞子VS伽倻子 の演者が可愛すぎで驚いた~!!【画像有】
  4. 生活ネタ

    地震防災対策特別措置法って一体なに?地震について調べてみた!
  5. NEWS

    斎藤佑樹の登録抹消はポルシェのせいなのか?週間文春を買ってみた!!!
PAGE TOP