季節ネタ

七五三の知っておくべき4つの事とは??


Sponsored Link

毎年11月の週末になると有名な神社やお寺で

七五三のお参りをしている様子がニュースで紹介されます。

 

七五三は11月15日に行う、

子どもの成長を祝う(願う)日本の風習として、

良く知られています。

 

最近では、お参りをするだけでなく、

写真スタジオで記念写真をとるという人も増えています。

 

でも、七五三が現在のような形になったのは

明治以降だといわれています。

 

本来は別々だった慣習が、

一つに合わさって今の形になったとされています。

 

七五三とは何なのか?

七五三の由来とこめられた意味は何なのか?

母親はどんな服装が良いのか?

家族写真はいくらかかるのか?

などについて見ていきましょう。

 

七五三とはそれぞれ子どもの年齢をさしています。

七歳、五歳、三歳です。

 

一般的に女の子は、3歳と7歳

男の子は3歳と5歳(地域によっては5歳だけ)

の11月15日にお参りをします。

 

それぞれの年齢で

どんな儀式をしていたのか見ていきましょう。

 

まず、3歳は「髪置きの儀」(かみおきのぎ)です。

平安時代には生まれて七日目に子どもの産毛を剃りました。

それからは、子どもは丸坊主で過ごしました。

 

数え年3歳(満2歳になる年)になると、

髪を剃るのをやめて髪をのばすようになります。

これが「髪置きの儀」です。

地域によっては女の子だけというところもあります。

 

次に、5歳に行うのが「袴儀」(はかまぎ)です。

数え年5歳(満4歳になる年)になると、

男の子は袴を着用し始めるようになります。

これを「袴儀」として祝ったのです。

 

3つめの7歳は「帯解きの儀」(おびときのぎ)です。

数え年7歳(満6歳になる年)になると、

女の子は大人と同じ幅の広い帯を結ぶようになります。

これを「帯解きの儀」として祝いました。

 

もともと、3つの神事は別々に行われていました。

ですから、現在でも地域によって儀式の内容や

対象となる年齢などには違いがあります。

七五三の由来とその意味とは?

今では考えられませんが、

昔は赤ちゃんや小さい子どもの死亡率が高かったのです。

 

そのため、7歳になるまでは、「神様から預かっている」

と考えていました。

 

七五三の由来にはいくつかの説があります。

その始まりは五代将軍徳川綱吉だというのが一番有力です。

綱吉の子、徳松3歳「髪置きの儀」11月15日に行いました。

徳松が病弱だったので健康を願ったとされています。

 

もう一つは、「旧暦11月が収穫を神に感謝する」

旧暦15日が二十八宿の鬼宿日(きしゅくび)にあたる

という考え方です。

 

二十八宿とは中国に古くから伝わる、

暦や天体による占いで宿曜占星術と呼ばれます。

月が地球の周りを27~28日で一周することから、

月の通り道となる28星座にそれぞれの日をあてはめ、

吉凶を占いました。

 

陰暦15日は鬼宿日で最良の日とされました。

鬼が出歩かない日だと考えられたからです。

 

旧暦の11月というのは、米などの収穫を終えて

実りを神に感謝する月からです。

 

現在も全国各地で秋の収穫を感謝して

秋祭りや新嘗祭(にいなめさい)が行われます。

 

七五三のお祝いには千歳飴(ちとせあめ)を食べます。

千歳飴は子どもの長寿を願って、細く長くつくられます。

縁起の良い紅白の色を使っています。

鶴亀や松竹梅など縁起の良い絵柄のはいった袋にはいっています。

 

江戸時代に浅草の飴屋がはじめたといわれています。

 

七五三 母の服装は?

七五三は子どもの成長を願うものですから、

あくまでも子どもが主役です。

 

最近では写真スタジオなど記念写真を撮る

というのも定番になってきました。

 

健やかな成長を祝い、願う気持ちと

成長の記録を残すというのは大切にしたいものです。

 

せっかくの記念写真ですから、

お母さんもお父さんもふさわしい服装をしたいものです。

 

お父さんはスーツで大丈夫です。

それでは、お母さんの服装について見ていきましょう。

洋装の場合、

スーツワンピースというのが一般的です。

ジャケットとスカートジャケットとパンツというのもありです。

パステルカラーがおススメです。

ダークカラーにするなら、

アクセサリーやインナーに明るいものを摂りいれましょう。

ノースリーブや胸元のあいたものは避けましょう。

 

和装の場合、

フォーマルな席にふさわしい、

色無地、訪問着、付け下げなどを選ぶのが良いでしょう。

写真撮影とお参りまでがセットになったレンタルもあるので、

和装の場合はそれを利用するという方法もあります。

 

家族写真の平均価格は?

七五三は大切な節目ですから、

記念の家族写真を残したいですよね。

 

家族写真にはどのくらいかかるか?

平均的な価格はいくらぐらいか?見ていきましょう。

 

家族写真だから「写真代だけ」というわけにはいきません。

主に4つの費用が考えられます。

「着物のレンタル料」「着付け費用」「撮影料」「写真代」です。

写真スタジオによっては、はかにもオプションで

費用が必要なところもあります。

 

写真スタジオによっては、

七五三パック、早割、着付け無料、衣装が無料など

いろいろなサービスがあります。

 

キャンペーンなどを上手に使えば

平均的な価格は5万円~6万円ぐらいでおさまります。

 

個人の写真屋さんにお願いする場合は、

少しあがって、平均価格は、7万円ぐらいになります。

 

「2~3万円ですませた」、「10万円以上かかった」など

それぞれの地域や事情によって違ってきます。

まとめ

七五三のいわれや、

七五三に込められた思いや願いなどについて見てきました。

 

時代は移り変わり、

生活スタイルや考え方も多様になっています。

 

でも、わが子の成長に感謝する気持ち、

健やかな成長を願う気持ちは

いつの時代もかわっていません。

 

七五三は日本の素晴らしい風習ですから

大切にしていきたいものです。


Sponsored Link

ピックアップ記事

  1. 地震防災対策特別措置法って一体なに?地震について調べてみた!
  2. 水カンの『桃太郎』が独特の世界観過ぎて途方に暮れる!!
  3. 仮面ライダーゴーストのかでなれおんに目がハートの件!!
  4. ベッキー 7月現在完全復活なるか?完全復活のカギは??
  5. 【せいせいするほど愛してる】武井咲さんのティファニーの時計に注目が集まる!

関連記事

  1. 季節ネタ

    2016年桜開花を大胆予想!外れたらすみません!!

    「春になるとお花見」「お花見といえば桜」というぐらい日本には桜…

  2. 季節ネタ

    秋雨前線到来!梅雨前線との大きな違いって知ってますか??

    9月には秋雨前線到来です。9月に入り朝晩と少し肌寒くなってきま…

  3. 季節ネタ

    どうする?!クリスマスプレゼントは?クリスマスツリーは?2016

    間違いだらけのランキング!12月クリスマスが近づくと、多くの女性が…

  4. 季節ネタ

    引越シーズンになる前に知っておくべき5つのポイント!

    これから春に向けて、引越しのシーズンに突入します。引越しは3月…

  5. 季節ネタ

    ヒートショックの死亡者数に驚き事実!冬場の寒暖差要注意!!

    ●ヒートショックとは?気温が下がり風が乾燥してくればすぐそばに冬の…

  6. 季節ネタ

    ゴールデンウィークの子供との過ごし方!2016

    さて、今年のゴールデンウィークはどうなっているんでしたっけ??…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

  1. NEWS

    【御伽ねこむ】人気コスプレーヤーの結婚に周囲ザワつく!!
  2. NEWS

    貞子VS伽倻子 の演者が可愛すぎで驚いた~!!【画像有】
  3. 生活ネタ

    地震防災対策特別措置法って一体なに?地震について調べてみた!
  4. NEWS

    斎藤佑樹の登録抹消はポルシェのせいなのか?週間文春を買ってみた!!!
  5. 料理ネタ

    プロ並みのカルボナーラを教えちゃるよ!それは火加減ね~!!
PAGE TOP