季節ネタ

引越シーズンになる前に知っておくべき5つのポイント!


Sponsored Link

これから春に向けて、引越しのシーズンに突入します。

引越しは3月末だから・・・

4月までに済ませればいいから・・・

 

のんびりと構えているあなた、あとで大変なことになりますよ。

2月から4月にかけては引越しが多い時期にあたります。

ですから、業者を早めに確保しておく必要があるからです。

引越しのスケジュール、荷造りなどの準備、業者選びと手続きなど

やらなければならないことが沢山あります。

はじめての引越となると不安になるものです。

ここでは、引越しに必要なノウハウを紹介していきます。

これさえ知っていれば、いつでも安心して引越できますよ。

不用品はどうする

引越の時に一番厄介なのが、不用品の始末です。

市町村の不用品回収は手続きが面倒だったり、時間があわなかったりします。

不用品や粗大ごみなどは回収業者に任せるのが簡単です。

 

でも、無許可で営業している悪質なところもあるので気をつけましょう。

エリアのランキングや市町村のホームページなどを参考にしながら、

信用できる業者を複数選んで見積りをしてもらえば安心です。

 

本や衣類など持ち運びしやすいものは、リサイクルショップに持ち込む、

段ボールに詰めて送るなどの方法もあります。

ヤフオクやフリマアプリで売るって言う手もありますね。

 

比較サイトを活用して、条件の良いところで買取ってもらえれば、

引越費用の足しになります。

手続きの段取りは?

引越が決まったら、まず、2つのことから始めましょう。

一つ目は、引越業者を選ぶ

二つ目は、公共機関などの手続きとなります。

 

引越業者を選ぶ手順については、次で見ていきたいと思います。

引越業者を選んだらスケジュールを確認していきましょう。

 

二つ目の公共機関などの手続きにはいろいろなものがあります。

役所、銀行での転出(住所変更)の手続き。

電話、インターネットなどの転居の手続き。

運転免許証、車検証などの住所変更の手続き。

新居での電気、ガスなどの手続き。

子どもさんのいるご家庭では転校の手続きも重要です。この5つのポイント

押さえておけば大丈夫です!

でも、引越の準備や作業にばかり注意がいって、ついつい忘れがちになります。

チェックリストを作って、進み具合を確認しながらというのがオススメです。

チェックリストやスケジュール表などを用意してくれる引越業者もあります。

上手な荷造りのコツを伝授してくれる業者、荷造りに便利なグッズやキットを

用意している業者などもあります。

そんな業者を選べば不安もなくなりますし、スムーズに段取りが進みます。

引越を安くするには?

「引越費用を少しでも安くすませたい」というのは誰もが願うことです。

でも安いというだけで選ぶのはおススメできません。

 

ちょっとしたことでも別料金になったり、不親切なサービスだったりして、

トラブルの原因になったり、かえって割高になったりするからです。

 

だからといって、友人や家族、親せきなどを総動員してただですませるなどは論外です。

大切な家具や電化製品に傷がついたり、荷物を運ぶ段取りが悪くて時間がかかったり、

一つ間違えば人間関係にひびが入ったりとリスクが大きすぎるからです。

引越は専門の業者にまかせるのが、賢い選択です。

 

引越業者の比較サイトや口コミサイトも充実しているので、

信頼のできる業者を2つから3つ選んで見積りをとりましょう。

 

最近では自宅まできてもらわなくても、インターネットやファックスで

見積りをしてもらえるようになっています。

 

自宅や転居先の郵便番号、引越時期、平日か休日か、集合住宅か一戸建てか、

間取り、引っ越し荷物の量などを入力するだけで見積りできます。

 

引越費用だけでなくどんなサービスをしてくれるのかも比べながら検討できます。

どんな割引メニューやパック料金があるのかもすぐにわかります。

これで信頼できる安い引越業者を見つけることができます。

あたりまえかもしれませんが、

出来るだけ荷物を少なくする、平日に引っ越しをするなども引越を安くすませる知恵です。

単身と家族引越の費用の相場は?

あくまでも参考ですが、引越の費用についてどのような相場なのかご紹介しておきます。

 

単身引越の費用は5月から1月の標準時期、荷物の量を標準とした場合、

20キロ未満(近隣)で37,000円、200キロ(遠方)で60,000円

相場の目安になります。

 

家族引越の費用では4人家族、5月から1月の標準時期、荷物の量を標準とした場合、

20キロ未満(近隣)で62,000円、200キロ(遠方)で160,000円

相場の目安になります。

 

2月、3月、4月の引越シーズンになると、37,000円が48,500円、

60,000円が78,000円、62,000円が81,000円、160,000円が200,8000円というように

およそ3割増しになるようです。

 

平日ならば1割ほど割安になります。業者によっては2割も安くなる場合があるようです。

まとめ

 

簡単で手軽な見積りサイトや比較サイトを賢く利用すれば、

安心で確実なうえに、手ごろな費用で引越が可能になります。

信頼のできる業者が見つかれば、引越はほぼ成功したといえます。

 

確かに引越は大切なことですが、あまり深刻に考え過ぎたり、難しいものと

思わないでください。

なるべくたくさんの情報を集めて、上手に整理してシンプルに考えるというのも

引越を成功させる秘訣です。

 


Sponsored Link

ピックアップ記事

  1. 高島礼子涙の謝罪会見の一部始終!!
  2. 【御伽ねこむ】人気コスプレーヤーの結婚に周囲ザワつく!!
  3. 自己破産後のクレジットカードは審査はどうなる?スマホは?
  4. NHKの斉藤孝信と早川美奈路上不倫は公然猥褻か?!リベンジポルノか?!
  5. 【せいせいするほど愛してる】武井咲さんのティファニーの時計に注目が集まる!

関連記事

  1. 季節ネタ

    2016夏の浴衣と言えば!着方からブランドまで徹底調査!!

    夏はやっぱり浴衣でしょ!夏といえば、夏祭りに花火大会と色々あります…

  2. 季節ネタ

    ヒートショックの死亡者数に驚き事実!冬場の寒暖差要注意!!

    ●ヒートショックとは?気温が下がり風が乾燥してくればすぐそばに冬の…

  3. 季節ネタ

    秋雨前線到来!梅雨前線との大きな違いって知ってますか??

    9月には秋雨前線到来です。9月に入り朝晩と少し肌寒くなってきま…

  4. 季節ネタ

    ストロベリームーンって知ってる?2016年まだ見れるかもよ?!

    2014年のスーパームーン、2015年の皆既月食、3月の部分日…

  5. 季節ネタ

    あのタオルの臭いの取り方を伝授します!!

    勘弁して!あのタオル嫌な臭い今年は暖冬ですね。でも寒かったり暑かっ…

  6. 季節ネタ

    九州の花火大会を応援しよう!今年是非行きたい花火大会は??

    夏祭りと言えば、やっぱり花火大会夏だ―!祭りだ―!花火大会だー!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

  1. 生活ネタ

    地震防災対策特別措置法って一体なに?地震について調べてみた!
  2. NEWS

    NHKの斉藤孝信と早川美奈路上不倫は公然猥褻か?!リベンジポルノか?!
  3. NEWS

    【御伽ねこむ】人気コスプレーヤーの結婚に周囲ザワつく!!
  4. NEWS

    高島礼子涙の謝罪会見の一部始終!!
  5. NEWS

    ベッキー 7月現在完全復活なるか?完全復活のカギは??
PAGE TOP