料理ネタ

冬至に食べるかぼちゃが半端ない!


Sponsored Link

冬至には、「カボチャを食べる」「ゆず湯に入る」などの光景が

ニュースでも流されます。

 

あたりまえの光景なので、「何を今さら?」と思われるでしょうが、

冬至の風習についてはよく知らないという人も増えてきています。

 

そこで

「冬至の由来」

「なぜ、かぼちゃなのか?」

「冬至にはどんなことをするのか?」

などについて見ていきましょう。

 

冬至とは?

今年の当時は12月22日です。

 

冬至とは、二十四節気の一つで、

昼間の長さが一年で一番短くなる日になります。

いいかえると夜が一番長い日ということになります。

 

逆に昼間が一番長いのは夏至です。

 

東京でみると、今年の冬至の昼間の長さは9時間45分となります。

夏至の昼間の長さは14時間34分でしたから、

その差を比べると4時間47分にもなります。

 

緯度が高いところほどこの差は大きくなります。

北海道では約8時間にもなります。

緯度の低い沖縄ではおよそ3時間20分となり、

国内でも大きな違いが生じます。

 

二十四節気は太陰暦(太陰太陽暦)の考え方に基づいています。

1年を太陽の動きによって24の期間に分けて季節の変化をあらわしてきました。

この二十四節気を農作業や生活に役立ててきました。

 

冬至の由来は?

一年の中で昼間が短い冬至は、太陽の力が最も弱まった日だと考えられました。

つまり、この日を境に太陽の力が強まっていくというものです。

 

「一陽来復」という言葉であらわされ、「陰が極まって、陽の気が復活する」

「冬が終わり、春が始まる」などの意味がこめられています。

 

また、「冬至は死に一番近い日」とも解釈されました。

植物が枯れて、動物が冬眠しているこの時期は

食料が手に入りにくかったのです。

 

昔の人たちは、こうした厄(やく)を払うために、

体を温めて無病息災を願ったのです。

 

そうした風習が「カボチャを食べる」「ゆず湯に入る」として、

現代にも受け継がれています。

 

冬至に食べるかぼちゃの意味を知る

「かぼちゃ」の収穫時期は夏です。

少し長くても夏から秋にかけてとなります。

そんな夏野菜である「かぼちゃ」を冬至の日に食べる理由は何でしょうか?

 

まず、「かぼちゃ」が保存しやすい食べ物だからです。

そして、ビタミンAやカロチンを豊富に含んだ栄養価の高い食べ物だからです。

昔から風邪や中風(脳血管疾患)予防に効果があるとされています。

 

もう一つの理由は、「かぼちゃ」の別名と関係しています。

その前に、かぼちゃに関する豆知識を少しご紹介しましょう。

 

戦国時代であった16世紀中ごろ、ポルトガル人が種子島に鉄砲を伝えました。

「鉄砲伝来」として覚えている人も多いのではないでしょうか。

 

その時、カンボジア産のかぼちゃも持ち込まれました。

そのカンボジアがなまって「かぼちゃ」といわれるようになったそうです。

 

熊本や天草などでは「ボウブラ」と呼ばれています。

ポルトガル語でウリ科の野菜を意味する「abobora=アボーボラ」が

なまったものといわれています。

 

 

さて、「かぼちゃ」の別名に話を戻します。

「かぼちゃ」は「南瓜(なんきん)」とも呼ばれます。

南蛮渡来の瓜という意味になります。

 

「なんきん」を仮名で書くと「ん」が2つつきます。

冬至に「ん」が2つつくものを食べれば、運気があがると考えました。

一種の「験かつぎ」の風習で「運気盛り」と呼ばれるものです。

 

冬至に食べる他の食べ物

「運気盛り」の願いを込めて冬至に食べるのは、南瓜だけではありません。

ほかにも、蓮根(れんこん)、人参(にんじん)、銀杏(ぎんなん)、

金柑(きんかん)、寒天(かんてん)、饂飩(うんどん)=うどん、などがあります。

 

どれも、「ん」が2つついています。

南瓜とあわせて、「冬至の七草」とも呼ばれます。

 

これ以外にも、「冬至がゆ」を食べるという地域もあります。

小豆を入れたおかゆで、小豆には邪気を払う力があると考えられたからです。

 

「いとこ煮」を食べる風習もあります。かぼちゃと小豆を煮たものです。

「冬至こんにゃく」と称して、こんにゃくを食べる地域もあります。

体にたまった砂を出すために、こんにゃくを食べるというものです。

 

何といっても、冬至には「ゆず湯」!!

食べるものではありませんが、冬至には「ゆず湯」に入ります。

昔の人は、今と違ってたまにしかお風呂に入りませんでした。

ですから、冬至にはゆず湯に入って、体を清めたのです。

 

「ゆず湯」に入ると血行が良く成ります。

そのことで、冷え性や腰痛などに効果があるとされました。

 

さらに、ゆずの果皮や果汁に含まれるビタミンCには、

美肌効果リラックス効果もあるので、

一石二鳥にも三鳥にもなります。

 

「冬至」(とうじ)と「湯治」(とうじ)、

「柚子」(ゆず)と「融通」(ゆうずう)をかけた

「洒落」も込められているようです。

まとめ

冬至にかぼちゃを食べる」「柚子湯に入る」などの風習は

先人の知恵から生まれたものです。

暦も太陰暦から太陽暦にかわりましたし、

生活の仕方も大きく様変わりしています。

 

ですから、現代人の生活にあてはめると、

昔ほどの効果はないかもしれません。

 

でも自然とともに暮らす中で生まれた知恵、

自然から学ぶ中で生み出された習慣は

現代にも通じるところもたくさんあります。

 

 

こうした風習に込められた健康を願う気持ち

現代人である私たちも大切にしていきたいものです。

 

あなたも今年の冬至には「かぼちゃ」と「柚子湯」を

ためしてみてはいかがですか?


Sponsored Link

ピックアップ記事

  1. 【伊藤綾子アナ】二宮臭が強すぎて結婚を連想させる!!ブログ大炎上中!!
  2. 【画像有】斉藤孝信アナと早川美奈アナが路上不倫!フライデー砲発射!!!
  3. 松本圭世アナの飴舐め動画AV疑惑!あやな22歳受付嬢でデビュー!
  4. NHKの斉藤孝信と早川美奈路上不倫は公然猥褻か?!リベンジポルノか?!
  5. 新垣結衣の雪肌精CMポスターに映ったモノとは?!2016

関連記事

  1. 料理ネタ

    酵素ダイエットの効果は?口コミは?酵素について調べてみた!

    最近始めた、酵素玄米これが結構美味いしかもダイエット食品とも言…

  2. 料理ネタ

    スタバの恐怖を知っていますか?超絶!高カロリー事情

    ハイカロリーなスタバの恐怖!盛り上がりを見せる『スターバックスコー…

  3. 料理ネタ

    塩麹の作り方は?健康に良いってホント?徹底検証してみました!!

    米粒がドロッとした感じで袋詰めや瓶詰にされている塩麹見たことがあります…

  4. 料理ネタ

    美味しいサンマの冷凍保存方法から今年はサンマが食べれない?!

    秋と言えば食欲の秋!暑い夏が終わり、やってくるのは秋ですね。秋と言…

  5. 料理ネタ

    元プロが教える包丁の選び方!世界一簡単な砥ぎ方

    世界的にも人気のある日本の刃物世界的にも人気の高い日本の伝統文化で…

  6. 料理ネタ

    フードプロセッサー口コミ!ニンジャを検証してみた。最強フライパン比較もあるよ!

    最近、よくTVとかで目にしませんか?ショップジャパン!ワンダー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

  1. 料理ネタ

    プロ並みのカルボナーラを教えちゃるよ!それは火加減ね~!!
  2. 生活ネタ

    地震防災対策特別措置法って一体なに?地震について調べてみた!
  3. NEWS

    ハマオカモト×浜田雅功が親子共演が実現していた! YouTube動画はないの??…
  4. NEWS

    【伊藤綾子アナ】二宮臭が強すぎて結婚を連想させる!!ブログ大炎上中!!
  5. ミュージックネタ

    【水曜日のカンパネラ】歌詞の中に採血って相当ぶっ飛んどる!
PAGE TOP